プールと花火に行ってきたよ!

こんにちは。




もっちーです。




本日は朝からプールのボランティアに行ってきました。



前日に合宿で日焼けしたばっかりなのですが、今回のプールは室内ということですごく助かりました。




もし外でのプールなら、もう今頃僕の背中は岩盤浴のようにアツアツになっていると思います。




岩盤浴コーナーはこちらです」




なんて書いた看板を僕の背中にぶっ刺しておけば、恐らく皆さん普通の岩盤浴と間違えて寝てしまうことでしょう。




まぁとにかく室内プールで安心していたのですが、子どもがすごく僕におんぶしてくるんですよね。




日焼けした背中に何回もおんぶされるとどうなるか。











もちろん答えは

「地獄を見る」

です。




「肩をギュッとしないでぇぇええーー!」




と、気付けば本当に子どもに懇願してしまいました。



あの悲鳴は僕の身体の悲鳴だったと思います。




必死に痛みに耐えながらボランティアを何とか終えました。




そしてその後はサークルのメンバーで琵琶湖花火大会に行ってきました!

f:id:mottypc:20170810025244j:plain


今までに花火大会というものに行ったことなくて、もし誘われなかったら一生行ってなかったと思います。




ちなみに花火に行ったメンバー内で、誰一人琵琶湖花火大会に行ったことがなかったため、完全に情報不足の状態です。




そのため有料席の存在を知らず、場所をどうするかですごく悩みました。



「もうこの際、有料席の券が余っていたら買おうか!」



みたいな感じになったのですが、券の値段が4400円と知った瞬間みんな




「やっぱ無料でええかw」



と言って、場所を探しました。




これが大学生のお財布事情というやつですね。




リアルすぎました。




とぼとぼ道を戻って場所を取った後、食べ物や飲み物を買いました。

f:id:mottypc:20170809064658j:plain




見ての通りめちゃめちゃ買ったわけですね。




お菓子やチーズバーガー、お酒など、宴会モード全開です。




恐らくこの花火大会で一番食事に力を注いでいたグループだったのではないでしょうか。



横の唐揚げを食べていたカップルは多分引いていましたね。




ご満悦で乾杯した後は楽しく談笑していました。




すると、奥の方で大きくて綺麗な月が。

f:id:mottypc:20170810025326j:plain


でかすぎたせいなのか月が綺麗すぎたのか分かりませんが、最初メンバー内で本当にあれは月なのか疑っていました。




僕は


「風船じゃね?」



と、思って言ったのですが友達に




「それはありえへんやろ。」



と、ごもっともなツッコミをいただいてしまいました。



当時は本当に風船と思ったですが、確かに普通に考えて風船なはずがありませんし、ボケとしても0点の発言です。これは猛省します。



その後、あれは月だと確信したのですが、疑うのは良くないですね。




月がもしこのことを知ってしまったら、ショックで1ヶ月は夜空に出てこれないでしょう。




ただ現れただけなのに



「お前は本当に月なのか?」


と、疑われるなんてたまったもんじゃありませんからね。



そうこうしている間に花火大会が始まりました。



最初は導入的な感じで一発一発上がっていたのですが、なんせメンバー内は何も知りませんから




「花火大会言うてもこんな感じかよ」



と、何とも言えない微妙な空気が流れていました。






しかしその後

f:id:mottypc:20170810025454j:plain

f:id:mottypc:20170810025521j:plain

f:id:mottypc:20170810031357j:plain

どっかんどっかん上がりました。



誰ですか、さっき琵琶湖花火大会をなめた人は。



めちゃめちゃすごくて綺麗でした。



これがだいたい40分ぐらい続いて、メンバー内は知らない間に花火の魅力に惹かれていました。



もうみんなご飯やお酒の存在なんか忘れています。



チューハイがこぼれていたのですが、それに気付かないぐらいですからね。



そしてフィナーレ!


f:id:mottypc:20170810025813j:plain

写真では全然伝わらないかもしれませんが、一面花火でめちゃめちゃ綺麗でした。




本当に感動してしまいましたね。




みんなお金払ってでも見たがる気持ちが分かりました。



来年は船で帰ることを約束して、琵琶湖を後にしました。



その後は僕が終電ギリギリなのに駅がめっちゃ混んでたり、僕は何とか乗れたのはものの、1人乗れなかった上に人身事故で電車が大幅に遅れるなど、ちょっとパニック状態になってしまいました。



しかし何とか無事みんな帰ることが出来て良かったです。



留学生が3人いたのですが、みんな楽しんだ様子でこちらもすごく嬉しい気持ちになりました。



またいつの日かみんなで見たいですね。



最高の一日でした。



ではまたー。