散髪したお話

こんにちは。




今朝自転車に乗っていた知らないおばあちゃんに




「あ、立石くん!」




と、呼び止められたもっちーです。




僕の苗字は立石ではありませんので、絶対向こうが間違っていますが




「こんにちは。」




と、返事して走ってその場を去りました。




僕が立石くんではないことを伝えないまま去ってしまったので、恐らくあのおばあちゃんは混乱していることでしょう。




是非とも本物の立石くんと会ってほしいものです。




もし関係者の方がこの記事を見ていましたら、対処の方をよろしくお願い致します。






そんなもっちーくんは朝散髪に行ってきました。




僕の髪の毛は1ヶ月でほぼゴワゴワになってしまうため、散髪のペースが尋常ではありません。




美容師さんは僕が高校1年生のときから切ってもらっているので、それはそれは安心です。




今日も




ツーブロックでお願いします!」



とだけお願いしました。




髪を切ってもらっている間の会話は、ほとんど夏休みなのに課題があることの愚痴だったと思います。





途中シャンプー中にお腹が痛くなったりしましたが、無事30分で散髪が終わりました。




大学に向かおうとしたのですが、なんと今日は休館日。




これでは何も出来ません。




夏休み全然テレビを見れていなかったので、家に帰ってバイトまでテレビを見ることにしました。




そしてバイトまでこれまた2時間ぐらいかかるのですが、仕方ありません。




またイヤホンを忘れてしまった上にイスに座れなかったため、泣きそうになりました。




しかしもう通学に慣れたもっちーくんは誰がどこで降りそうか見抜くことが出来ます。




そのプロフェッショナルの技を使ったので、途中からイスに座って爆睡しました。




その後バイトを終わらせて、また家に帰りました。




連続でバイトに入ったのは本当に久しぶりだったので、けっこう疲れました。




今回は短めですが、眠たいのでここまでにしたいと思います。




ではまたー。