ホラー苦手だけどホラーナイトに行ってきた

こんにちは。




もっちーです。




先日ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました。




いわゆるユニバですね。




今回もピンクの服を着るぞということになっていたので、前回の反省を活かして思い切りピンクな服を着ていきました。


f:id:mottypc:20170917202200j:plain



見よこのピンク!




朝家出るときと電車の中がものすごく恥ずかしかったです。




親には



「戦隊もんのコスプレでピンクになった。」




と、ごまかしたのですが





「若いし大丈夫。似合ってるよ。」




という、ありがたいお言葉をいただいて泣きそうになりました。




今回はかなりピンクな服装を着ていたので、もしかしたらユニバで待ち合わせをしていた方は目印にされていたかもしれません。




こちらもはぐれてもピンクなのですごく見つけやすかったです。





こんなピンクの服装を決めつつアトラクションに向かいました。




最初はホラーのアトラクションの整理券を取りに行きました。




整理券なんているんですね。初めてなので驚きました。




もちろん、僕はホラーがかなり苦手なので駄々こねていたのですが、友達が





「レベル3で、初心者やし全然怖くないよ~。」




と、言ったので渋々整理券を取りました。




整理券を見ると、なんとそこには




レベル5




と、書いていました。





詰みですね。終わりました。




友達も知らなかったようで謝っていたので許してあげました。




僕もさすがにこんなことではブチ切れません。




そしてその時間までアトラクションを楽しむことにしました。





最初はフライングダイナソーに乗って、その次は待ち時間が短かったのでジュラシックパークに乗りました。





最後落ちるとき写真を撮られるのですが、恐らく今までで一番変顔を決めていたと思います。




白目で口を大きく開けて、完全に頭が狂った顔をしていました。




多分ティラノザウルスもドン引きしていたことでしょう。




食べようとしているのに、なんかもう食われた顔してますからね。




僕がティラノザウルスなら逆に恐怖に陥ってしまう気がします。




もし今後何か生き物に襲われたらその変顔で打開したいと思います。






その次はハリドリ!




ユニバと言ったらやはりハリドリでしょう!




ユニバに来てハリドリに乗らないなんて考えられません。




ちなみに僕はハリドリ3回目のぺーぺーです。




今まで待ち時間が長くて全然乗っていませんでした。ごめんなさい。




ハリドリって大声で歌っても全然周りに聞こえないからいいですよね。




僕は毎回大阪loverのサビを全力で歌いながら乗っているのですが、今回も気付いたのは1人だけでした。




もし学校や会社の愚痴を叫びたい人がいれば、ハリドリを利用するのもいいかもしれません。




多分周りに聞こえたらすごく嫌な顔をされると思いますが




「それでも構わない!」




という猛者がいれば、是非試してみてください。





まあ、こんな感じで楽しんでいたわけですがついにホラーのアトラクションの時間が来てしまいました。




最初に行ったのはエルム街の悪夢です。




整理券のせいか、すぐ順番が来てしまいました。




とにかく怖かったです。




かなり大声で叫んでしまいました。




僕は列の一番後ろだったので、前の方で叫ぶ人を見て予想できたのが救いでした。




と、思ってたら後ろから脅かして来たやつが、僕の方を見て追いかけてきたのでめちゃめちゃびっくりしました。




「次のゲストが来るのに追いかけるな!」




と、運営のような怒りの発言をしていたと思います。




ホラー好きにとっては最高かもしれませんが、僕のようなホラー嫌いにとっては悪夢でしたね。




エルム街のアトラクションを出たときには、もうすでに笑うことが出来ないほど疲れていました。




叫びすぎて息切れもしていましたし、相当体力を消費しましたね。




ということで、お口直しにエルモの乗り物に行きました。




あそこはめちゃめちゃ癒されますね。




笑顔を取り戻すことが出来ました。




そして、またホラーのアトラクションの連れて行かされました。





次はチャッキーのなんちゃらというところに行きました。




あそこもなかなか怖かったです。




しかも列の先頭だったので最悪でした。




思い出すのも嫌なので詳細は割愛しますが、とりあえずまた笑顔を失ってしまいました。




人形もんなので、本当に怖かったです。




自分を失ってしまったせいか、途中英語で叫んでいました。




触られてもいないのに




「Don't tatch me!!」




と叫んでしまいましたからね。




普通に考えたら、そっちの方が怖いですね。




ホラー好きの友達は




「楽しかったー!」




と、よく分からないことを言っていました。





そして、バックドロップに乗ってホラーナイトが始まったので、ゾンビたちとたわむれてきました。


f:id:mottypc:20170917202302j:plain




やはり僕がびくびくしているせいか、めっちゃゾンビの標的にされてしまいました。




あいつらなんなんですか。




さっきまで歩きながら色んな人を脅かしていたのに、止まってめっちゃ僕の方見つめて来るんですけど。




目をそらしてまたもう一回見たらまだ見てるしめっちゃ怖かったです。




「そんなに僕を見つめないで!!」




という、少女漫画で必ず出てきそうな言葉が出てきた瞬間襲い掛かってきました。




ほんと嫌になっちゃう。



f:id:mottypc:20170917202337j:plain



基本友達やポールにこんな感じで隠れていました。




でも途中ゾンビと踊る時間がちょいちょいあったのですが、その時はすごく楽しかったです。




ぴょんぴょん跳びながら踊らせていただきました。




ホラーナイトを楽しんだ後は、この後京都の友達の家でお酒を飲むことになったので解散しました。




ホラーナイト期間のユニバはホラーが苦手でも楽しめるようになっていると思いますので、気になる方は是非行ってみてくださいね。




ではまた~。