お散歩で事件発生日記

こんにちは。

 

最近夜が眠れなくて、なぜか昼夜逆転生活をしているもっちーです。

 

眠りたいのに、3時間以上ただただベッドでゴロゴロしているだけというのは辛いです。

 

今日も11時30分に起床しました。

 

今日はスッと12時には寝てしまいたいですが、さっき2時間お昼寝をしてしまったので、恐らく無理でしょう。

 

誰か慰めてくれる方を募集します。

 

 

さて、最近色々と忙しくてバタバタしていました。

 

そして、今日は久しぶりに何も予定がなかったので、「動物タワーバトル」というゲームをしていました。

 

何か最近やっている人見かけないのですが、もうオワコンと化してしまったのですかね?

 

そんなことは気にせずしていると、負けるたびにものすごくキレている自分がいました。

 

自分でもびっくりです。

 

f:id:mottypc:20180125203554p:plain

 

「なんでこんなにキレてるんだ・・・」

 

と、真昼間から一人絶望してしまいました。

 

最近のバタバタで、少し心の余裕がなかったのかもしれません。

 

このままではこの先、何でもキレてしまうおじいちゃんになってしまいます。

 

これは心のリフレッシュが必要です。

 

 

ということで、お散歩に出かけました。

 

なんとなく歩いていたら緑地に着いたので、そこをぷらぷらと歩くことにしました。

 

f:id:mottypc:20180125204229j:plain

 

コーヒー片手にお散歩ってただのおじちゃんですね。

 

 

ちなみに前の川ですが、少しだけ凍っていました。

 

f:id:mottypc:20180125204407j:plain

 

進んでいくと、「ウォーキングコース」みたいなところがあったので、そこをお散歩しました。

 

f:id:mottypc:20180125212049j:plain 

綺麗ですね。

 

出かけたのがお昼の3時ということもあり、おじいちゃんおばあちゃんが多かったです。

 

写真は撮れなかったのですが、そこに大量のすずめを操る「すずめおじさん」がいました。

 

合図をすると手のひらにすずめが集まってきて、また何か合図をするとすずめが離れていく姿はまさに芸術です。

 

僕も老後は「すずめおじさん」になりたいと思います。

 

詳しく話を聞いてみたいところでしたが、近づくと「すずめおじさん」によってすずめに襲われてしまう危険性があったので、諦めました。

 

いつか弟子入りしてみたいところです。

 

f:id:mottypc:20180125212129j:plain

 

これは何となく美しかったので撮りました。

 

ちなみに、この緑地には「恐竜公園」というものがあって、久しぶりに見に行ったのですが、やっぱり迫力がありますね。

 

f:id:mottypc:20180125212208j:plain

 

昔は僕もここでわいわい遊んでこけて泣いたものです。

 

しかし、緑地を本気で散歩したことはなかったのですが、小鳥の声を聴きながら歩くのはなかなかリフレッシュになりますね。

 

これはかなりストレス解消になったと思います。

 

明日から仏のような笑顔で、みなさんとお会いできることでしょう。

 

そろそろ帰ろうと思って道を戻っていると、前の方で高校生の陸上部らしき女子4人がランニングをしていました。

 

「僕も昔はよく走ったなー」

 

と、懐かしんでいると、その人たちはすれ違う人に

 

「こんにちはー!」

 

と、元気よく挨拶をしているのを見てすごく感動してしまいました。

 

素晴らしいの一言に尽きます。

 

そして、前で犬の散歩していた女性にも

 

「こんにちはー!!」

 

と、みんなで元気よく挨拶して、ついに僕のところまで来ました。

 

「コミュ障だけど、ちゃんと言い返せるかな。」

 

「ここはボケた方がいいのかな。」

 

と、色々と心配をしていると横まで来て

 

陸上女子「・・・・・。」

 

 

と、素通りしていきました。

 

f:id:mottypc:20171231225631p:plain

僕「・・・え?」

 

衝撃が走ると、人間は言葉が出てこなくなるのですね。

 

まさか僕がインキャだから見えなかったとでも言うのでしょうか。

やかましいわ。

 

と、結局最終的に血圧を上げることになってしまいました。

 

みなさんも挨拶は平等にするようにしましょう。

 

 

その後、「素通り事件」のせいか腰が痛くなってきたので、コンビニに寄って帰ることにしました。

 

もうお散歩は当分しません。

 

ではまたー。